コレだけは知っておくべき野球肩

メリットたくさん!肩の柔軟性を上げればチームのエースになれる!?

投稿日:

野球を始めたからには、最終的にはエース目指して頑張りたいというお子さんもいるでしょう。あるいは、親御さんが、お子さんにエースになってほしい場合もあるでしょう。

エースになるにはやはり努力が必要です。日々練習を続けるのは勿論、効率的な必勝法としては、特に肩の柔軟性を鍛えておくのがポイントです。

肩と言えば野球選手にとって命ですよね。その大事な肩を日頃から軟らかくしておけば、野球肩も防げる上、エースへの近道にもなるでしょう。

肩の柔軟性を鍛えておく

いつでも野球で活躍できるように、日頃からストレッチしておくのも大切です。筋肉や関節が軟らかければ、機能低下を防ぐ事もできます。機能が衰えた選手だったらエースに選ばれないですよね…。

柔軟性を鍛えるためにも、肩甲骨周辺の筋肉を柔軟にしておくのがベストです。野球と言えば一番肩を使うので、非常に重要です。
この致命的な部分を鍛えて軟らかくしておけば、常に野球で肩がスムーズに動き、良いピッチング、キャッチングができるでしょう。

少年野球時代は、なかなか自分だけのコーチをつけるのは難しいので、自分だけでできる方法を身につけるようにしましょうね。

正しいフォームを学ぶのも大切

技術面から言えば、常に正しいフォームで投げるようにしておく事も、エースに欠かせない要素です。投球は肩やひじだけでやるのではなく、全身使って行うものです。

下半身&上半身のつり合いを保ち、できる限り顔に近いところでボールを投げ、適度な力を加えましょう。

フォーム練習は勿論、正しいフォームについての書籍を読む、監督に教わるなどして、理想的なフォームを目指していきましょうね!

-コレだけは知っておくべき野球肩

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野球肩の治療に効くおすすめの運動とは

野球肩になるととてもツライですよね…。 何か効果的な運動で治療できるといいと思っているあなた。当ページでは、野球肩の治療によく効くおすすめの運動をご紹介しています。 お子さんが野球肩になってしまった時 …

no image

1日の投球は何球?子どもが野球肩にならないための親が知っておくべき知識

野球少年を持つ親御さんとしては、野球肩になってほしくないですよね。 野球肩にならないようにするためには、日頃からストレッチすることなども有効ですが、一日の投球数を制限しておくと、野球肩予防になります。 …