プロ野球選手を夢見る少年

野球肩などのスポーツ障害になってしまった時は、一人でどうにかしようとせず、プロに頼った方が効率的に治せる事の方が多いです。
自己判断では間違った方法をとってしまう事もあり、逆に障害を悪化させてしまう場合もあり得るので、安全に回復させるためにもいち早くプロに相談してみましょう。

例えば野球肩になってしまった場合など、鍼灸や接骨院に行って症状が良くなったという選手も多いです。
以下のような運動障害をお持ちの人は、鍼灸や接骨院に行ってみてくださいね。

野球ひじ

野球少年の中で野球ひじになってしまった子も、鍼灸や接骨院を利用して治す例が多いようです。子供の野球ひじは「リトルリーグひじ」と呼称があるほど少年野球界ではよくあるスポーツ障害です。

野球ひじになってしまうと投球する時にひじに痛みが走り、重症化するとひじが完全に伸ばせなくなることもあります。

福山市 接骨院では、スポーツ選手も通っているようです。怪我を気にせずスポーツを続けるためにも、身体のメンテナンスはかかせないので、症状が悪化する前に相談してみてはいかがでしょうか。

足関節捻挫

どのスポーツをするにしても発生しうる運動障害です。

足関節捻挫を患うスポーツ選手の中には、鍼灸や接骨院で症状改善させる人たちもいます。
ねんざすると、炎症している部分に体重をかけると激痛が走ってしまうので、試合前こそプロに頼るべきでしょう。

テニスひじ

テニスひじを接骨院や鍼灸で治す選手も多いです。

そもそもひじは、もともと無理のきかない部分なので、手やひじを酷使するテニスは勿論、テニスをしているわけではなくても、中高年でもひじを痛めることが多いです。
スポーツによるひじの使いすぎには十分に気をつけましょうね!

野球肩

野球と言えばやはり野球肩です。鍼灸や接骨院では、棘上筋と肩甲下筋の治療を得意とするところもあります。

スポーツするにあたって、怪我は必ずついてまわります。
怪我することを意識するあまり、プレイに支障がでてしまうことは良くありませんが、スポーツを楽しく長く続けることや、上達するためにも怪我についてのケアは考えていかないといけません。

野球 練習メニューでは、スポーツをする人の意識を変えるヒントが沢山つまっているようです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

投稿日:2017年4月24日 更新日:

執筆者: